このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。
0120-964-000
受付時間:平日9:30~17:30

船井総研グループでなぜ業務のRPA化が実現し
働きやすい環境が実現したのか?

業績が伸びるにつれ、スタッフの単純作業が増え、残業も増えて、社員のモチベーションも低下…。でも社長としてはどう解決していいかわからない…このようなことはありませんか? スタッフがイキイキと働くために重要なのは、労働時間の削減だけではありません。仕事の内容を「誰でもできる単純作業」から「自分で工夫して改善する仕事」にシフトさせる必要があります。私たち船井総研コーポレートリレーションズの社員も、船井総研のバックオフィスとして作業量の増加に関して悩みを抱えていましたが、RPAによって、その多くが解決しました。作業によっては、半年で400時間の作業時間の削減に成功しています。

<Before> 

■ バックオフィス業務人員を70名→40名に絞るも、残業時間が大幅に増加
■ 育児・介護等による退職、時短等の業務処理力ダウン時への対応が困難
■ 新しい業務や、業務処理件数そのものが増加し工数がさらに増える
■ 手作業によるミスが一定ペースで発生する
<After> 
■ 専門性の高い業務へシフトできるようになった
■ 繁忙期の業務量が減り、残業代も削減できた
■ 従業員のワークライフバランスが充実し、組織力が上がり、定着率が向上した
<After> 
■ 専門性の高い業務へシフトできるようになった
■ 繁忙期の業務量が減り、残業代も削減できた
■ 従業員のワークライフバランスが充実し、組織力が上がり、定着率が向上した

このなかで「3つ以上当てはまる」業務がある企業は、
RPAによる効率化のメリットが大きくあります。

  • 業務が標準化されているもの
  • ヒューマンエラーが起こりやすいもの
  • 人の判断が入らない、一定ルールに従って繰り返すもの

  • プロセスに複数人の関わりが
    求められるもの

  • Windows標準のアプリやクラウドのアプリを使うもの
  • Windows標準のアプリやクラウドのアプリを使うもの
  • ただRPAを導入するのではなく、RPA技術者を養成する

  • 世の中には、RPAを活用できるツールがたくさんあります。でも、ただ導入するだけでは、本当に自社ならではの業務に合った最適な改善ができないばかりか、今後も発生する様々な業務を効率化できるわけでもありません。自社の課題に合った業務改善をスタッフ自らが行えることで、より、企業としての生産性向上に繋がります。また、スタッフ自らが工夫したことが成果に繋がることで、効率的な働き方、やりがいの向上にもつながります。


  • 【RPAとは?】Robotic Process Automationの略。

    デスクワークにおける定型的な作業を、パソコンの中にあるソフトウェア型のロボットが代行・自動化することです。

  • 世の中には、RPAを活用できるツールがたくさんあります。でも、ただ導入するだけでは、本当に自社ならではの業務に合った最適な改善ができないばかりか、今後も発生する様々な業務を効率化できるわけでもありません。自社の課題に合った業務改善をスタッフ自らが行えることで、より、企業としての生産性向上に繋がります。また、スタッフ自らが工夫したことが成果に繋がることで、効率的な働き方、やりがいの向上にもつながります。

株式会社船井総研コーポレートリレーションズは、
RPAを活用し、スタッフのライフイベントに合わせた働き方を
応援します。



RPAによる
スタッフ生産性倍増セミナー
日 時 2019年10月18日(金)
場 所

午前の部/
10:00~12:00
(受付時間:9:30~)
午後の部/
14:00~16:00
(受付時間:13:30~)

開催場所

株式会社船井総合研究所
淀屋橋セミナープレイス 

大阪市中央区北浜4-7-28
住友ビル2号館7F
地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅
10番出口徒歩3分

参加費用 無料
お問合わせ

TEL:0120-964-000
(平日9:30~17:30)
担当:コイダ

【お問い合わせ№:051674】

お問合わせ

TEL:0120-964-000
(平日9:30~17:30)
担当:コイダ

【お問い合わせ№:051674】

講座概要


講座内容

第1講座

RPAの概要・注目されるその背景

株式会社船井総研コーポレートリレーションズ
カスタマーデータベースグループ データ管理チーム① チームリーダー
戀田 道子

第2講座

自社導入事例
~全くの素人がRPA導入から開発に成功したストーリー~


株式会社船井総研コーポレートリレーションズ
カスタマーデータベースグループ データ管理チーム① RPAユニット 
江川 みずき

第3講座

他社導入事例
~対象業務選定からRPA開発まで~


株式会社船井総研コーポレートリレーションズ

カスタマーデータベースグループ データ管理チーム① RPAユニット ユニットリーダー
田坂 祐子

第4講座

RPA導入に向けて大切なポイント

株式会社船井総研コーポレートリレーションズ  
カスタマープラットフォーム部 部長 
山本 恭仁子

第3講座

他社導入事例
~対象業務選定からRPA開発まで~


株式会社船井総研コーポレートリレーションズ

カスタマーデータベースグループ データ管理チーム① RPAユニット ユニットリーダー
田坂 祐子

講師紹介

株式会社船井総研コーポレートリレーションズ
カスタマープラットフォーム部 
部長


山本 恭仁子

2003年9月株式会社船井総合研究所に中途入社。データ管理部門で顧客情報管理や集客業務、経営分析資料作成などの業務を主に、船井総合研究所コンサルティング業務のバックオフィス部門の責任者を経て、現在、フロントオフィス・バックオフィスの4部門110名のメンバーを率いている。業務改善だけでなく、メンバー育成や社内研修講師を務め、RPAを通じ活躍できるスタッフ育成を目指している。
株式会社船井総研コーポレートリレーションズ
カスタマープラットフォーム部 
カスタマーデータベースグループ

データ管理チーム① チームリーダー

戀田 道子

2005年11月株式会社船井総合研究所に中途入社。
顧客情報を管理するバックオフィス部門で、経営コンサルタントが主催するセミナー・研究会の集客用データ作成業務を担当。2014年よりは取引先の与信審査・管理部門を担当。2019年よりRPA部門の責任者として、社内及び取引先でのRPA導入を通して、業務効率化・生産性向上により、ライフイベントに合わせた働き方に貢献することを目指している。
株式会社船井総研コーポレートリレーションズ
カスタマープラットフォーム部 
カスタマーデータベースグループ

データ管理チーム① ユニットリーダー

田坂 祐子

株式会社船井総研コーポレートリレーションズに2015年7月中途入社。経営コンサルタントが主催するセミナー・経営研究会にお申込みのあったお客様情報を取り扱うバックオフィス業務を担当。ダイレクトメール発送先名簿の精査を行う部署に配属される。2017年12月よりRPAロボット開発担当者に抜擢。社内の業務効率化・生産性向上に貢献したことが評価され、社内表彰で2018年度「業務効率貢献賞」を受賞。現在はグループ会社へのRPA導入を推進するとともに、RPA導入企業より、親身なサポートで安心できると好評を得ている。
株式会社船井総研コーポレートリレーションズ
カスタマープラットフォーム部 
カスタマーデータベースグループ
データ管理チーム①

江川 みずき

株式会社船井総研コーポレートリレーションズに2015年12月中途入社。経営コンサルタントが主催するセミナー・経営研究会にお申込みのあったお客様情報を取り扱うバックオフィスの部署に所属し、主に顧客情報の登録・管理・与信審査を担当。2017年12月よりRPA開発担当者に抜擢。
社内の業務効率化・生産性向上に貢献したことが評価され社内表彰で2018年度「業務効率貢献賞」を受賞。現在は所属部署からグループ会社にいたるまでの対象業務のRPA化可否判断に加え、業務フロー改善提案を行い、RPA開発・運用に取り組んでいる。
株式会社船井総研コーポレートリレーションズ
カスタマープラットフォーム部 
カスタマーデータベースグループ

データ管理チーム① チームリーダー

戀田 道子

2005年11月株式会社船井総合研究所に中途入社。
顧客情報を管理するバックオフィス部門で、経営コンサルタントが主催するセミナー・研究会の集客用データ作成業務を担当。2014年よりは取引先の与信審査・管理部門を担当。2019年よりRPA部門の責任者として、社内及び取引先でのRPA導入を通して、業務効率化・生産性向上により、ライフイベントに合わせた働き方に貢献することを目指している。

ACCCESS

株式会社船井総合研究所
淀屋橋セミナープレイス

大阪市中央区北浜4-7-28 住友ビル2号館7F

地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅 10番出口徒歩3分


【ご案内】

地下鉄御堂筋線淀屋橋駅より徒歩3分
10番出口方面の改札を出て、「淀屋橋odona」へ入ってください。入ってすぐの1つ目の角を右折し、突き当たりのエスカレーターで1階へ上がりましたら、右手にある自動ドアから外へ出て左方向に真っ直ぐお進みください。

会 社 案 内

【コーポレート・リレーションズ】Corporate Relations

「企業と企業の繋がり」を創る活動

 B to B取引において多面的な繋がりを創出し、それらを維持する活動。 

 潜在顧客と自社を繋げ、顕在顧客との繋がりを強化する活動。 

コンサルティングビジネスのワンストップサポートを通じて
❜コーポレート・リレーションシップ❜を創造します。